予防歯科

予防歯科

定期的なPMTCでプラークを除去し、細菌の増殖を防ぐ

お口は「食べる」「話す」といった毎日の生活に不可欠な動作を行っています。生涯、自分の歯で快適な日々を過ごすためには、「病気になってから治療する」よりも「予防」に重点をおき、お口の健康を維持することが必要です。
ではどうすれば予防できるでしょうか。まずはPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)がおすすめです。これは、歯垢や着色汚れ、むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)や、食べ物やタバコでついた着色汚れなど、毎日のブラッシングでは取り除けない歯の汚れを、プロである歯科医が、専用器具を用いて行う歯の清掃のことです。毎日のブラッシングに加えて、PMTCを定期的に行うことで、蓄積しがちな歯垢や着色汚れ、細菌(バイオフィルム)を取り除き、むし歯や歯周病を防ぐことができます。

中央歯科医院銀座では患者さまの唾液の状態などをしっかりチェックして、菌がこびりついたバイオフィルム、プラークを除去し、細菌の増殖をリセットします。

予防のための検査装置

カウンセリング・予防重視の中央歯科医院銀座では、患者さまの状態を正確に把握するため、多様な検査装置を導入しています。

口腔環境の維持のための検査

中央歯科医院銀座では、唾液検査システム「Salivary Multi Test(以下SMT)」を使って、唾液を検体としてお口の健康状態を調べます。

SMTは、見た目ではわからない歯や歯ぐきの健康、口の中の清潔度がわかります。

酸化還元確認計「アラ!元気」を使って唾液を測定し、体内が酸化状態にあるのか還元状態にあるのかを検査します。酸化は肌トラブルや病気・老化の原因。身体が酸化に傾いていれば疲労状態、還元であればその反対で健康状態であると判断できます。体内の還元力を高めることができれば、老化や歯周病の予防につながります。

「サリバテスト(唾液検査)」で、唾液の分泌率や唾液中に含まれる細菌、および飲食の回数などを分析し、歯周病にかかる危険性を調べます。歯周病になる原因(危険因子)は患者さまによって異なりますので、その原因がわかれば予防プランも立てやすくなります。

 

治療が終わったら予防歯科、除菌水うがいで菌を増やさない

予防は習慣ですので、「治療が終わったら予防歯科のスタート」という考え方で、定期的にチェックしていただくことをおすすめします。中央歯科医院銀座は、治療後の患者さまが少しでも良い経過を辿っていただくために、「次亜塩素酸水」というお口の除菌水をボトルに入れてお分けしています。
この除菌水は、中央歯科医院銀座に導入している機械で作ることができます。うがい用は薄めて使いますが、除菌効果は抜群です。濃度によっては、ご家庭の消臭・除菌にも使えるもので、原液は生ごみの強烈なにおいも消し去ります。

お口の除菌が大切な理由

時々、「お口には悪玉菌もいれば、善玉菌もいるのではないですか?」とご質問を受けることがあります。実は口腔内には「日和見菌」と言って、良くも悪くもない菌が多いのです。日和見菌は、口腔環境によって変化します。悪玉菌の多い口腔内だと、日和見菌も病原菌になってしまいます。
ですから、PMTCや除菌水うがいなどで悪玉菌を減らして、口腔環境に配慮した生活スタイルを送れば、口内全体の環境が良くなり、悪玉菌が増加しない方向に向きます。簡単に言えば、悪い菌が減れば、日和見菌が善玉菌寄りになるのです。

おやつの食べ方、ガムについてなど日頃の習慣を指導

日頃の食事内容や食べ方などを詳しくカウンセリングして、何がむし歯や歯周病の原因になっているかを明らかにしていきます。歯磨きはしていたつもりなのにむし歯になったという方のお話をお聞きすると、オフィスのデスクにお菓子を隠していらして、お茶も飲まずにチョコチョコと召し上がっていらした、ということが判ったりします。これは歯に悪い行為です。
お菓子を食べると、お口の中のpH(ペーハー)が酸性になります。むし歯菌は酸性を好みますので、酸性の時間が長くなると、むし歯菌にとって居心地のいい時間が長くなってしまいます。食べたければ、時間を決めて食べること。これだけでも口内環境は改善します。また、最近は噛む力を鍛えるためにガムを噛んでいるという方もいますが、ガムが効果的なのは、唾液の量が少ない一部の方だけですので、ご自分の口内環境に見合った日頃の予防習慣をつけることが肝心です。