レーザー治療

レーザー治療

少ない麻酔で治療ができる画期的なレーザー

「レーザーメス」など、医療の分野でレーザーが活躍しているのはよく知られていますが、歯科治療の分野でもレーザー治療は活躍しています。
患部に光をあてることで治療を行うため、歯を削るときの不快な振動がなく、痛みも少ないことが特長です。痛みをほぼ感じないことから、麻酔をする必要もほとんどありません。また殺菌効果があることから、再発の予防にもなります。

中央歯科医院銀座の取り扱いレーザーの特長

歯科用のレーザー装置はいくつかの種類がありますが、中央歯科医院銀座が採用しているのは、「ネオジウムヤグレーザー」です。レーザー専門医として、多様なメーカーの製品を調査研究して、この装置がベストであると判断しました。体内の水分や血液に吸収されにくく、組織の内部にまで浸透する性質を持つ光を照射するレーザー治療器です。
院長はレーザー治療を始めて20年のキャリアと日本レーザー歯学会専門医ですので、レーザー治療について知識も経験も豊富です。高水準のレーザー治療を行いますので、安心しておまかせください。

「ネオジウムヤグレーザー」の臨床適用範囲

麻酔効果 消毒効果 止血効果 組織の活性化作用 消炎効果 鎮痛除痛効果 組織蒸散作用など

レーザー歯科治療の実際

歯周病治療 歯と歯茎の間の溝「歯周ポケット」にレーザーをあてて、歯周病菌を減少させるとともに、歯茎の治癒を促進します。
むし歯治療 むし歯菌に感染したところだけを除去する治療ができます。
口内炎治療 患部にレーザーをあてることで、口内炎による痛みを取り除きます。副作用もないため、安全に早く治療することが可能です。
知覚過敏治療 むき出しになった、本来歯の内側にある象牙質にレーザーをあてることで、歯の表面を強化します。冷たいものなどの刺激から神経を保護し、歯がしみる不快な症状を緩和します。
歯茎の黒ずみ除去 歯茎が黒ずんでいる場合、メラニン色素が歯ぐきに沈着していることが考えられます。この場合、レーザーでピーリングすることで、メラニンを除去し本来の歯茎の色であるピンク色に戻します。
舌小帯切除 舌の裏側にあるすじ「舌小帯」が発音障害の原因になることがあります。その場合、レーザーで切除することで症状が改善されます。短時間で痛みがなく処置をすませることが可能です。
顎関節症治療 「顎関節症」とは、口を開ける際に痛みで開けにくくなったり、口を開けるときに「カクカク」と鳴ったりする症状の総称のこと。レーザーを患部に照射することで、痛みを軽減し症状を緩和します。
レーザー治療のデメリット

レーザー治療は、適用範囲において的確に使用すれば、痛みが少なく回復も早いという、非常にメリットの大きい治療法です。強いてデメリットを申し上げるなら、レーザー治療で簡単に治った方が、「またレーザーで治してもらえばいい」と、予防意識を高めていただけないケースが時々あることでしょうか。
予防に勝る治療はありませんので、レーザー治療で治ったならば、次は予防に頭を切り替えていただくことが、生涯に渡っての健康維持につながります。そのことは忘れないでくださいね。