歯と全身の健康・分子栄養学

歯と全身の健康・分子栄養学

口腔内の状態は全身の病気に影響する

歯周病菌が全身の病気を引き起こす原因になっていることは、ご存じの方も多いと思います。一方、高血圧や糖尿病といった生活習慣病が、歯周病を悪化させる要因となることもあります。このように、お口の健康と身体の健康は、お互いに影響を及ぼし合っています。
中央歯科医院銀座ではお口の治療はもちろん、身体全体を健康にしていただき、お口の病気の予防につなげていこうと考えています。そのため、カウンセリングを通して患者さまの健康状態を把握し、適切なアドバイスをいたしております。

診察室にマッサージ台を置いている理由

疲労や病気などが原因で身体の免疫力が低下していると、せっかく歯科治療をしても、すぐに再発してしまうことがあります。中央歯科医院銀座の診察室には、お口の治療後のよい状態を持続させるため、患者さまの疲労回復を促し免疫力を高めてもらうことを目的に、15分間ローラーでマッサージをしてくれる医療用ベッドをご用意しています。特に顎関節症など噛み合わせの不調は、全身の使い方と関連していますから、このベッドに横になっていただき、顎の調整などをさせていただくこともあります。
身体のコンディションが整えば歯の不調の治癒につながり、口腔が健康になれば体調も良くなるという、相乗効果を実感してください。

ストレスに気づいたら歯の痛みが消えた

歯の治療を十分にしても、なぜか歯の痛みが続くという場合もあります。これも全身的な症状の一つで、ストレスなどの心の問題が影響しています。そこでマッサージのベッドに横たわっていただき、お仕事についてのお話をお聞きしたところ、ストレスがあることを自覚され、生活スタイルを変えたことで歯の痛みが治ったという例もあるのです。
これも心を含めた全身の状態とお口がつながっていることを示していると思います。

「分子栄養学」 食事の摂り方で体調が変わる

歯と食事の摂り方は密接な関係があります。歯科医として真っ先に申し上げるのが、白い砂糖の害。むし歯菌が酸を作る材料に使われますし、歯周病の原因であるプラーク(歯垢)の中の菌は砂糖をエネルギーにします。
また口腔内の病気には、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCなどの不足が原因にもなっており、治療後の回復を早めるためにはこれらを積極的に摂る必要があります。
さらに、お肌のサプリメントとして知られるコラーゲンは、歯茎のハリや健康にも役立ちます。歯茎のコラーゲン組織がしっかり整っていないと歯を支えることはできません。
他にも、乳酸菌そのものではなく、乳酸菌生成物のサプリメントが腸内環境を整えますので、歯周病や花粉症の予防・改善につながります。

効果的なサプリメントの摂り方をアドバイス

このように、サプリメントはその方の状態に応じた効果的なチョイスと摂り方があります。「なんとなく身体によさそうだから」「最近話題になっているサプリだから」という理由で、ただやみくもに摂取しても効果は限定的です。
中央歯科医院銀座では、院長がサプリメントアドバイザーの資格を持っています。これはサプリメントや健康商品の摂取方法などを的確にアドバイスする専門家のことです。中央歯科医院銀座では主に歯科の観点から、口腔環境の改善により効果的なサプリメントの摂取方法をアドバイスすることができます。