一般歯科

一般歯科

中央歯科医院銀座では、むし歯・歯周病の治療には、レーザーを効果的に用いて、痛くない、ストレスフリーの治療を行います。歯の根っこの根管治療など難しい治療も、最新の殺菌セメントやレーザーを駆使して、できる限り歯を残す・歯の神経を残す治療を行います。その他にも、幅広い年齢層の方にご対応できる特徴のある治療を行っていますので、ご紹介いたします。

むし歯・歯周病の治療について
詳しくはこちらへ

小児歯科もお気軽に

銀座という土地柄、お子さまのご来院はさほど多くありませんが、個室空間のアットホームな雰囲気の中で女性医師が対応しますので、お子さまの治療にも適した環境になっております。
中央歯科医院銀座独自の痛くない治療は、お子さまにも安心して受けていただけるものです。怖いドリルをお口の中に入れなくても、悪化しそうなところだけレーザーで進行を止めておくという簡単な処置で、お子さまの将来的な歯の健康をお守りすることができます。

「舌小帯強直症」もレーザーで痛みなく治療

赤ちゃんや小さいお子さまの「舌小帯(ぜつしょうたい)」についてご存じでしょうか?「舌小帯(ぜつしょうたい)」とは、舌の裏側にある下顎と舌をつなげているすじのことです。このすじが短く舌の動きをじゃましている状態を「舌小帯強直症」といいます。
お口をあけると舌がハート型にすぼんでしまうのが特徴です。赤ちゃんの場合は、このままにしておくと上手く授乳ができず、栄養が十分に摂れません。幼児の場合も「らりるれろ」が正確に発せない「発音障害」のリスクもあります。
日本人は気にしないという方もいらっしゃいますが、お隣の韓国では子どものうちに切る方が多いとお聞きします。中央歯科医院銀座ではメスによる切除ではなく、レーザーで痛みなく切除して、お子さまの健やかな成長を促します。

磁石でフィットさせる入れ歯「マグフィット」

「入れ歯がガタガタする」「フィットしなくて食べづらい」というお悩みはありませんか?中央歯科医院銀座では、磁石の力を用いた「マグフィット」という入れ歯の治療が可能です。
マグフィットはバネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯で、ぴったり吸着しますので、安定感が違います。歯根に取り付けた「磁性金属(キーパー)」と、入れ歯に埋め込んだ「小形磁石」。この2つの吸引力で、入れ歯を吸着させます。

親知らずは、将来の移植のためにできれば温存

親知らずは、むし歯になった、もしくは他の歯の不利益になっている場合は抜歯いたします。抜歯の場合は、生え方をチェックして、状況に応じて大学病院をご紹介いたします。機能面で何の問題もなければ、「親知らずだから抜く」ということはいたしません。
というのも、昨今では親知らずの神経を使った再生医療が発展しており、歯髄バンクというものもできています。そこで、将来歯を失った時のために、親知らずを温存しておけば、移植してご自分の歯を使い続けられるという考えからです。中央歯科医院銀座では、将来に渡った可能性を考えたカウンセリングをすることで、患者さまがご納得できる医療をご提供します。

治療器具は徹底した衛生管理

安心して治療を受けていただくため徹底した衛生管理を行っている中央歯科医院銀座では、治療に使用する器具はすべて滅菌パックに入れて管理し、使用直前に開封して使用しています。