むし歯・歯周病

むし歯治療のポイント

レーザーによるむし歯診断と治療

中央歯科医院銀座では、レーザーのメリットをフルに活かしたむし歯治療を行っています。まず、「ダイアグノデント」というレーザーによる最新式のむし歯診断装置を用いて、むし歯の早期発見をいたします。
これはむし歯の進み具合が数値で表示されますので、より正確な診断が可能です。従来の診断方法ではわからなかった、より深いところのむし歯やごく初期のむし歯でも簡単かつ正確に発見できるようになりました。レーザーを使用しているため、検査の際に痛みはありません。

レーザーによる治療と二次カリエス予防

むし歯治療は、悪い部分だけをレーザーで除去しますので、従来の削る治療のような振動や痛みはありません。また、他の歯科医院ですでに治療した歯、特に被せ物をした歯の内部で、むし歯が再発してしまったという患者さまも少なくありません。
これを「二次カリエス」と言いますが、大人のむし歯は半分以上が二次カリエスだと言われるほど多い症状です。せっかく治療した歯が悪くなるのは、患者さまにとって非常にいやなことですし、治療者としても悔しいです。中央歯科医院銀座では、一度治療した歯は、レーザーで殺菌・消毒をすることで、二次カリエスを予防します。

ドックスベストセメント治療

いよいよ深いむし歯で、一般的には神経を取るか否かという選択を迫られる場合でも、中央歯科医院銀座では「ドックスベストセメント(Doc's Best Cements)治療」という、アメリカで開発された、むし歯を削らないでミネラルで殺菌するという療法も行っています。
ドックスベストセメントは、アメリカ有数の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、一般的に用いられている製品。こうした薬剤を使用しつつ、レーザーも用いることで、できる限り神経を取らない治療を行っていきます。

歯周病治療のポイント

歯周病のレーザー治療について

歯周病はスタンダードな治療法に則って、歯周ポケットや歯の表面のプラークを削っていきます。その途中過程で、病巣の大きな広がりや、膿で腫れあがった状態が見つかれば、メスで切って排膿させる方法が一般的ですが、中央歯科医院銀座ではメスで切らずに、レーザーによる処置が可能です。
また歯周病の治療では、歯肉の組織を健康にするということがとても大切ですから、レーザーで炎症を起こしている部分だけを取り除く治療も行っています。レーザー治療ですと、表面の炎症層を取り去ると同時に表面にタンパクの凝固層ができるので、治りが早いというメリットがあります。

歯周病は全身の病気です

歯周病が全身の健康に大きな影響を与えることは、昨今の研究で明らかになってきています。歯周病も糖尿病も脳梗塞も生活習慣病ですから、互いに深い関係があって影響し合っているのです。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防することが全身の生活習慣病を予防することにつながります。
これからの歯科医は「歯を治すプロ」であると同時に、「口腔内の変化をみて体調のアドバイスをするプロ」であるべきでしょう。定期的に歯科医を受診して、生活習慣も含めた口腔内のケアを受けてください。